「仕組み作り」と「意図」は必ずセットで!

「仕組み作り」と「意図」は必ずセットで!

[No.0291]

 

 

 

「思考」と「お金」の

 

戦略パートナー

 

生岡直人ですビックリマーク

 

 

 

今日は

 

 

あるお客様との

 

「お試しコンサル」でしたグッド!

 

 

 

 

決算書の数値を

 

 

事前に確認させて頂いて

 

 

数値から見える課題

 

 

数値から直接見えないけども

 

発生していることが予想される課題

 

 

などを想定して

資料を作成した上で

 

 

コンサルティングの

お時間を頂きましたにやり

 

 

 

 

2時間ほどのお時間で

 

 

様々な課題のお話になりましたが

 

 

一番印象的だったのが

 

 

「仕組みがうまく

 

稼働していないこと」

 

 

ですビックリマーク

 

 

 

 

 

 

ある別のコンサルタントの方から

 

 

以前に仕組みを作って

頂いたみたいなのですが

 

 

その仕組みを

上手に活用できていない

 

のが現状でしたあせる

 

 

 

 

 

 

お話をお聞きしていくと

 

 

その

 

 

仕組みを上手に

 

活用できていない理由

の一つとして

 

 

従業員に

 

「やらされ感がある」

 

のが大きいようでしたあせる

 

 

 

 

社長いわく

 

 

従業員の皆さんが

 

 

仕組みの「進め方」は

 

 

理解できていても

 

 

「ナゼそれを

するのかはてなマーク」や

 

「それをすると

どうなるかはてなマーク」などの

 

意図がイマイチ

腑に落ちていない

 

 

ようでした汗

 

 

 

 

 

 

人って

 

 

感情に響いて

 

 

腑に落ちて初めて

 

 

行動が

起こしやすくなったりする

 

ものだと思いますキラキラ

 

 

 

 

なので

 

「ナゼそれを

するのかはてなマーク」や

 

 

「それをすると

どうなるかはてなマーク」を

 

理解して

 

 

自分たちも

「仕組み作り」に携わる

 

ことができれば

 

 

仕事を

より自分事として

 

とらえやすくなる

 

のではないかとも思いますグッド!

 

 

 

 

 

 

 

今回

 

 

社長と従業員の皆さんにて

 

 

必要な内容を

必要な頻度で

 

コミュニケーションを

 

取っていくことの大事さを

 

ひしひしと感じましたので

 

 

こちらのお客様には

 

 

今後、適切な機会で

 

 

具体的な案を

 

しっかりお伝えしていければと

 

思いますグー

 

 

 

今日は以上ですありがとう(男)