「自分」と「お客様」に“ズレ”はありませんか??

「自分」と「お客様」に“ズレ”はありませんか??

[No.0101]

 

「思考」と「お金」の

戦略パートナー

生岡直人ですビックリマーク

 

 

 

 

 

今日は

 

東京で税理士をされながら

 

キャッシュフローコーチとして

 

コンサルティングを行っている方の

 

コーチングセッション

 

させて頂いてましたにやり

 

 

 

 

今日のセッションで感じたことは

 

「自分の理想」

 

「お客様の理想」

 

ズレを確認することの

 

大切さですキラキラ

 

 

 

 

 

仕事って

 

「自分は何をしたいか?」

 

「お客様にどうなってほしいか?」

 

などを深く考えていくと

 

例えば

 

「安心経営を実現する」

 

などのいろんなビジョン

 

できてくると

 

思うんですよねグッド!

 

 

 

このビジョンを

 

明確にしていくときに

 

合わせて重要なのが

 

「あなたの理想とする

 

“お客様”はどんな人かはてなマーク

 

を考えることだと

 

思っていますキラキラ

 

 

 

いわゆる

 

「“理想客”を

明確にする」

 

ことですビックリマーク

 

 

 

性別、年齢層、

 

業種や従業員数、

 

社長の性格などまで

 

いろいろと

 

明確にしていった後に

 

「“理想客”である

 

お客様の理想」と

 

「自分の理想」

 

ズレていないかはてなマーク

 

確認してみることが

 

大事ですグッド!

 

 

 

 

 

実は今回のセッションでは

 

「自分の理想」の一つに

 

“安心”というフレーズが

 

あったのですが

 

“理想客”とする社長の性格に

 

“情熱”というフレーズがありましたビックリマーク

 

 

 

“情熱”的で若い経営者が

今、“安心”を経営に

求めるだろうかはてなマーク

 

と考えると、

 

それよりも“決断”とか

 

切れ味のあるフレーズの方が

 

共感性が高いんじゃないか

 

という結論になりましたグッド!

 

 

 

 

 

というように

 

自分自身が

 

知らず知らずのうちに

 

「ズレ」って

 

生じることって

 

やはりあるのかなと思いますにやりあせる

 

 

 

今日のように

 

私自身も

 

自分と相手の思考を言語化しながら

 

ビジネスに向き合っていきたいと

 

思いますグー

 

 

 

今日は以上ですありがとう(男)