お金の活躍を曖昧にしない!

お金の活躍を曖昧にしない!

[No.0011]

 

「思考」と「お金」の

戦略パートナー 生岡直人ですビックリマーク

 

 

 

今日はコンサル現場での

実例をひとつグッド!

 

 

 

最近複数のお客様から

 

似たようなご質問を

 

お受けすることがありましたビックリマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

経営者の方

 

従業員さんから

 

「この備品を

買いたい」

 

「取引先を

接待したい」

 

「他の飲食店に

メニュー研究に

行きたい」

 

んですけど

 

 

「○○円を経費で

使っていいですか?」

 

 

と、聞かれたとのことビックリマーク

 

 

 

 

 

 

で、この場合

 

「いくらなら使って

OKですか?」

 

 

と経営者の方から

 

 

私にご質問を頂きましたグッド!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは確かに悩みどころですよねビックリマーク

 

 

 

皆さんなら

どうですかはてなマーク

 

 

 

従業員さんに

どんなお答えを

するでしょうかはてなマーク

 

 

 

または、従業員さんじゃなくて

自分が経費を

使う場合にも

「いくらならOK」と

考えるでしょうかはてなマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ考えるところはありますよねあせる

 

 

あまり多く使って

ほしくない気もするし

 

 

と言って、

使うなって言うのも違うし…あせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が思う答えのひとつは

 

 

正直

 

 

「いくらでもOK」

 

 

ですビックリマークあせる

 

 

 

 

 

もちろん常識の範囲は必要ですが

 

 

それが仮に、3万でも5万でも

 

 

経営に対する影響は大きく変わらないハズですビックリマーク

(とんでもない経営状況の場合は例外ですがあせる

 

 

 

 

 

 

ただしビックリマーク

 

 

何もせずに

 

「いくらでもOK」

 

ってするのはもちろんNGです叫び

 

 

 

 

 

 

必要なのは

 

 

どれだけ

< p>お金を活躍させるかグッド!

 

 

 

 

 

 

具体的には

 

経費の承認の際には

 

3つ先の行動と

成果(ゴール)を

考えてもらうこと

 

コレをお薦めしますにやり

 

 

 

 

 

 

いわゆる

 

「活きたお金の

プランニング」ですグッド!

 

 

 

 

 

 

 

3つ先の行動と成果が

いつ

何をして

どうなるか

 

自分の

アクション主体

考えるような感じですありがちなキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

例で言いますと

 

 

「取引先を

接待したい」

 

という従業員さんの場合は

 

 

こんな感じのプランニング

 

 

なのかなと思いますグッド!

 

 

 

A社と接待で食事する

 

 

①次の日の朝にお礼メールとともに商談日を提案する

 

 

②2週間以内に商談を行ない、プレゼンを行なう

 

 

③プレゼン後、3日後に検討進捗を確認する。

 その後3日おきくらいでお伺いを立てる。

 

 

成果:約3週間後に提案が通っている

 

 

 

 

で、

 

「他の飲食店に

メニュー研究に

行きたい」

 

っていう料理長さんの場合は

 

 

 

 

料理長がメニュー開発のため

他店で食事をする

 

 

①次の日に、参考になった点と

自店へ活かせる点を報告してもらう

 

 

②1週間以内に試作品を作ってもらい

試食会を行う(日取りを決める)

 

 

③その後1週間以内に改善点を加えた

試作品を作ってもらい、

試食会を行う(日取りを決めておく)

 

 

成果:約1ヶ月後に新メニュー完成

 

 

のような感じですグッド!

 

 

 

 

 

 

 

こーゆうのってきっと

 

 

多くの人がやった方がいいって

わかってるんです

 

 

でも意外とできてない場合が

多いんですよねあせる

 

 

 

 

 

 

結局はその経費が

 

活きたお金になるか

 

どうかは

その後の行動で

変わる!!

 

これをちゃんと

 

腑に落とすことが

 

一番大切だと思いますビックリマーク

 

 

 

 

 

 

従業員さんに

 

3つ先の行動と

成果(ゴール)を

考えてもらうこと

 

その後の行動が重要

っていう意識も

 

持ってもらいやすく

 

なりますしねグッド!

 

 

 

 

 

 

 

私も実践することで

 

違った角度の

「やる理由」

 

に気付けたり

 

モチベーションUP

にもなっているので

 

 

 

従業員さんにと言わず

自分自身で

やってみるのも

お薦めですにやり

 

 

今日は以上ですおじぎ